2005年10月20日

 
靴に砂が入るのよ
 と言った。

そうだね。
 と言った。

防砂林からテトラポットを眺めて

いつまでも波に耳を傾けているから

この国が 遠い国にヘリコプターを運んでいることも知らなかった。


波音は夜になっても消えない。

靴の中の砂がね
 と言った。

そろそろ行こうか
 と言った。


漁火が烏賊を呼び寄せていた。


posted by ホーライ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。