2005年10月20日

 
靴に砂が入るのよ
 と言った。

そうだね。
 と言った。

防砂林からテトラポットを眺めて

いつまでも波に耳を傾けているから

この国が 遠い国にヘリコプターを運んでいることも知らなかった。


波音は夜になっても消えない。

靴の中の砂がね
 と言った。

そろそろ行こうか
 と言った。


漁火が烏賊を呼び寄せていた。


posted by ホーライ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

海からの贈り物


それは、壊れそうな夢。


だから、波打ち際で僕はずっと、それを眺めていた。

posted by ホーライ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。